バックパッカー。旅をして

Wednesday, 30 January 2019
たまにこちらに書かせて頂いているけれど、わたしは学生の頃からバックパックひとつで特にイタリアに何度も何度も休みになるたびに行っていました。2週間だったり、一ヵ月だったり。
よく聞く「バックパッカー」です。そしてその期間の2週間くらいを「ワークキャンプ」という地元密着型の世界から人が集まっているボランティアのキャンプに参加していました。
地元の人たちや、地元の大学生にまざり、世界から集まってくるメンバーと一緒に集団生活をしながら色々なことをするんです。
バックパッカーって、当時はよく耳にもしたけど、最近はひとりでは危険、というイメージが大きいからあまり行かないのかな。

なんであんなにイタリアに惹かれたんだろう・・・?と思うと、はじめて行った時の衝撃的なほどのかけがえのない経験とひととの出会いが、わたしをそこまでイタリア好きにさせたんだろうな、と思っています。
若いときにしか経験できない、感じることのできない、あの一瞬一瞬すべてが冒険心で溢れていて、あの大切な時間があったから今につながっているんだなと、大人になって改めて思う機会が増えました。

ワークキャンプパーティー.jpg

みんなでランチ ワークキャンプ.jpg

まるで夢の世界にいたような、そんな思い出になっています。
でも夢じゃなかった!と思うのは、大人になった今でもその時に出会った友達とはいまでも大切な友達だということです。

休憩 ワークキャンプ.jpg

今だったら、いろんな角度で写真に収められるのに、あまり写真が残っていないことが悔やまれますが、それ以上に、心のアルバムではないけれど、まさにわたしの心の中にいつもあって、わたしがいくつになろうが、昨日のことのように思い出されるんだろうなと思っています。

ワークキャンプ草刈.jpgワークキャプ ローマの奥.JPG

Monttevecchiamatteo.jpg

毎回考えることは、「自分のこどもがバックパッカーとして旅をしたい」と言い出した時に、OKを出すことができるのでしょうか・・・。
「あぶない<素晴らしい経験」 いまの答えはこれだけど、その時にまだこの答えなのか。そんな安全な世界であってほしいです。

Cloche公式インスタグラム → こちら

Archives

Megu's Photos

  • ミシガン 湖.JPG
  • カルセドニーとタンザナイトとアクアマリン.JPG
  • カルセドニーとタンザナイト.JPG
  • Monttevecchiamatteo.jpg
  • ワークキャプ ローマの奥.JPG
  • ワークキャンプ草刈.jpg
  • 休憩 ワークキャンプ.jpg
  • みんなでランチ ワークキャンプ.jpg
  • ワークキャンプパーティー.jpg
  • ダイアモンド.jpg
  • ブーケ.JPG
  • IMG_0034.PNG
  • BOSTON.JPG
  • マーラのお家a.JPG
  • マーラのお家d.JPG
  • マーラのお家c.JPG